バンコクからカンチャナブリへの行き方【帰りのバス乗り場に注意】

カンチャナブリのバスターミナル タイ旅行

バスでカンチャナブリへ日帰り観光しました

戦場にかける橋

タイの首都バンコクから西に140kmほどに位置するカンチャナブリ。
簡単にアクセスできることから、バンコクからの日帰り観光地のひとつとして人気があります。

今回はそんなカンチャナブリに、バスを使って行ってきた際の様子をお届けします。

バンコクからカンチャナブリへの行き方

バンコクからカンチャナブリへのアクセス方法としては、

  • 鉄道
  • バス
  • ロットゥー(乗り合いバン)

などがありますが、調べたところ電車は午前中と午後に一本ずつしかなく、日帰りで観光するには朝早くに出発する必要があるため、今回はバスを選択しました。

カンチャナブリ行きのバスは、バンコク郊外にある南バスターミナルから出ています。

所要時間は、2時間半〜3時間程度。

(バンコクには、現在ロットゥーの発着場となっている旧南バスターミナルもあるので、間違えないように注意しましょう。)

バンコクからカンチャナブリへバス移動した当日の様子

まずは南バスターミナルへ

朝10時、宿泊していたファランポーン駅近くの宿から南バスターミナル(Sai Tai Mai)までUBERで移動しました。

所要時間は30分弱。

料金は158バーツでした。

タクシーだと300バーツくらいかかるらしいので、UBERだとかなり安くいけますね。(2019年現在UBERは撤退しているので、代わりの配車アプリGrabの使用がおすすめ。)

カンチャナブリ行きのチケットを購入

バンコク南バスターミナルのチケット売り場

バスのチケット売り場は1階(日本で言うところの3階)にありました。

カンチャナブリ行きのブースはたしかここだけだったと思います。

カンチャナブリ行きのチケット

料金は110バーツ。

バンコクからカンチャナブリ行きのバスは1日に何本も出ているので、当日購入でも余裕があるようで、すぐ次の便を案内してもらえました。

予定通りの出発

バンコク・南バスターミナルの発着所

チケットの裏にプラットフォーム番号が書かれているので、建物内の案内をたよりにすすめば、迷うことなく発着所にたどり着けると思います。

カンチャナブリ行きのバス

発車予定の5分前にバスが到着。

なかなか優秀ですね。

カンチャナブリ行きバスの車内

車内の様子。

エアコン付きの4列シートで、一人あたりのスペースは狭くも広くもなくって感じでした。

3時間でカンチャナブリに到着

カンチャナブリのバスターミナル

バスに揺られること約3時間、大きな遅れはなく、無事カンチャナブリのバス停に到着しました。

↓カンチャナブリ観光の様子についてはこちらの記事をご覧ください。
『戦場にかける橋』の舞台カンチャナブリで日本の負の歴史にふれてきた

カンチャナブリからバンコクへの帰り方は?

バンコクへの帰りのバスはここから出ています。

行きに到着した場所とは少し異なるので注意しましょう。

カンチャナブリのバスチケット売り場

この中でバンコク行きのチケットを購入し、そのまま目の前に止まっているバスに乗り込みました。

ちなみにこのときだけだったかもしれませんが、バスの後ろの方は強烈なトイレの臭いが立ち込めてきますので、なるべく前の方に座ることをおすすめします。

バンコク・南バスターミナルのローカルバス

バンコクの南バスターミナルに到着後は、なかなかUBERがつかまらなかったため、ローカルバスで街まで帰ることに。

バスはわんさか止まっていて少しわかりにくいですが、そこら辺の人に聞けば丁寧に教えてくれます。

ファランポーン駅までは13バーツ。
UBERの約10分の1ですね。

行きもこれでくればよかった…

バスターミナルの位置だけ気をつけて!

なるべく料金をおさえたい場合は、南バスターミナルへの往復にローカルバスを使ってもいいですね。

バンコクからカンチャナブリへは、乗り換えもないので非常に簡単にアクセスできますが、バス乗り場だけはたまに間違える人がいるみたいなので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました