マカオから香港へフェリー移動!行き方は簡単だけど注意点あり

マカオ旅行

マカオから香港へ!フェリーで国境越え

マカオを超弾丸で観光した後、フェリーで香港へ移動しました。

人生初の海路での国境越えです。

特に大きなトラブルはありませんでしたが、いくつか注意点があったので、このルートを利用する方の参考になればと思います。

マカオのフェリーターミナルはどこにある?

マカオの有名な観光地であるセナド広場やモンテの砦の周辺エリアからは徒歩40分弱です。

バスで向かう場合、セナド広場からは、下地図で記した「Almeida Ribeiro/ Rua Mercadores」というバス停から、3番もしくは10A番のFerry Terminal行きのバスに乗ることで、所要時間約20分でフェリーターミナルに到着します。

ちなみに僕は、徒歩でフェリーナーミナルへ向かいました

前回のマカオ弾丸観光の記事でも述べたとおり、この日僕は前後にバックパックを背負ったまま徒歩でひたすら観光する珍行動によって疲弊していたにもかかわらず、フェリー乗り場までも徒歩で向かうという苦行をしました。

ただの意地です。

ここまできて最後の最後にバスやタクシーを使うと負けた気がして…

※よいこのみんなはマネしないでね。

マカオフェリーターミナルへ到着!

思っていたよりも広くて綺麗!

ファストフードやらレストランやらATMやらなんでもあります。

まずはチケット売り場へ

こちらがマカオフェリーターミナルのチケット売り場です。

マカオから香港へは1日に死ぬほど便はあるので当日購入でも全然大丈夫です。

料金はエコノミークラスで153パタカ(約2160円)でした。
ゲートへは15分前までに来いとのこと。

パスポートコントロールを通過し、待合室へ

香港とマカオはそれぞれ別の行政自治区になっているため、移動にはパスポートが必要になります。

出発の30分ほど前にパスポートコントロールを通過し、フェリー乗り場の待合室へ向かいました。

謎のアンケートに答える

早めに待合室に来て乗船まで暇そうに座っていると、よくわからん名刺をぶら下げた青年から、マカオの旅行者に関するアンケート調査を依頼されました。

暇だったので受けたところ、こんなキーホルダーをもらいました。

全力でいらない。

マカオから香港へ出航!

いよいよフェリーの出航です。船内はこんな感じ。

外には茶色い海が広がっていました。

40分ほどで香港のフェリーターミナルに到着します。

マカオからフェリーで香港に向かう際の注意点

①到着はお早めに

フェリー移動とはいえ国境をまたぐので、もちろんパスポートチェック等があります。

そのため予定しているフェリーの出発時間の1時間前にはフェリーターミナルについておくことをおすすめします。

②大きい荷物を置く場所がそれほどない

僕は端っこの席だったので、荷物を壁際に置けましたが、他の席の場合、なかなか置き場に困ると思います。

荷物から目を話すのは少し心配ですが、おそらく大きな荷物を預ける場所があると思うので、係員に訪ねて置かせてもらいましょう。

③パタカとはマカオで決着をつけましょう

マカオの通過であるパタカは香港に行ってしまうと両替できません。

もちろん日本でもできません。
僕もすっかり忘れていて、だいぶパタカが余ってしまいました…

パタカはマカオ内でなんとかする。

これが鉄則です。

まあ対策としては、マカオでもほとんど香港ドルが使えるので、初めからマカオ内でも香港ドルに両替することをおすすめします。

まとめ

マカオ・香港間のフェリーは比較的安価に利用することができるので、どちらかに旅行に行かれた際は、ぜひ足を伸ばしてみてください。

個人的にはフェリー内の荷物等の問題から、軽装の上、日帰りで行くことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました