クアラルンプール国際空港内にあるカプセルホテルが超便利!

マレーシア旅行

空港直結!リーズナブル!KLIA2のカプセルホテルがアツい!

アジアのハブ空港として知られるクアラルンプール国際空港ですが、LCCなど(格安航空券)を利用すると空港に深夜着という便も少なくありません。

そんな時は、クアラルンプール国際空港(KLIA2)にあるカプセルホテル、CAPSULE BY CONTAINER HOTEL(カプセル バイ コンテナ ホテル)の利用をおすすめします。

CAPSULE BY CONTAINER HOTELは24時間チェックインOKなので、夜はもちろん、トランジットやチェックインまでの空き時間にも気軽に利用できちゃいます。

クアラルンプール国際空港内にあるカプセルホテルの概要

Capsule by Container Hotel

まあよくあるカプセルホテルと変わりはありませんが、特徴をあげるとすればめちゃくちゃ綺麗です!

2014に作られたみたいなので、2017年現在、清潔さは保たれています。

ホテルの詳細情報は以下の通り。

場所:KLIA2、L1フロアのゲート前(入り口かなり目立つのですぐわかります。)

部屋タイプ・料金: 3時間→RM45、6時間→RM70、12時間→RM90、デポジット→RM50

「ロッカーレンタル」というサービスも行っているようで、荷物だけ預けることもできるとのこと(1日20RM)

アメニティ:バスタオル、歯ブラシ、500mlの水

設備:無料WI-FI、共用トイレ、共用シャワー、ドライヤー、USBコンセント、読書スペース

CAPSULE BY CONTAINER HOTELの内部を紹介

KLIA2にあるカプセルホテルの入り口

Capsule by Container Hotel

こちらカプセルホテルの入り口です。

ホテル内の廊下

Capsule by Container Hotelの廊下

これは廊下です。名前のとおり、コンテナがひたすらに並べられているつくりになっています。

(写真ブレすぎですね。すみません。)

シングルルーム内部

Capsule by Container Hotelの部屋

ザ・カプセルホテルですね。

中はシングルサイズのベッドとほんの少しのスペースだけです。
写真では写ってませんが、手前に少しだけ物が置けるスペースがあります。

WI-FIは一応使えますが、この部屋の中だと電波が遮られるのか、なかなか接続状態が悪かったです。

写真左側に写っている四角い枠は、開けると鏡と台が現れます。女性は化粧などする際に便利ですね。

読書スペース

Capsule by Container Hotelの読書スペース

いろんなジャンル、いろんな言語の本がズラーっと並んでいます。
PC作業などもできます。

トイレ&シャワールーム

Capsule by Container Hotelのトイレ

なにやら不思議な形をしたドアが並んでいました。
半分がトイレで半分がシャワー室です。

Capsule by Container Hotelの洗面台

鏡の反射でかすかに写っていますが、ここにドライヤーがあります。

シャワー室内部

Capsule by Container Hotelのシャワー室

シャンプー、ボディーソープ付きです。
荷物を置くスペースがないので、袋を持参してフックに引っ掛ける必要があります。

また床はフラットでびしょびしょになるので、サンダルがあったほうがいいですね。

CAPSULE BY CONTAINER HOTEL利用時の注意点

Capsule by Container Hotel

寝床に鍵はかけられないので、貴重品管理には十分に注意が必要です。まあ肌身離さず持ち歩き、寝る時は枕の下に入れておけば基本的には大丈夫です。

女性専用のカプセルゾーンもあるので、セキュリティ的に心配な女性はそちらに泊まることをおすすめします。

あと一つ気になったのは、人の声ですね。
これはカプセルホテルなので仕方ありませんが、24時間営業なので、何時になっても人の行き交う音や声が聞こえてきます。

気になる方は耳栓を使用しましょう。

深夜移動が不安な方に特におすすめです

クアラルンプール国際空港はクアラルンプール市内まで車で分ほどの距離にあるので、バスや電車が終わってしまった深夜の移動は大変。

かといって、わざわざ近辺のホテルに泊まるのはもったいない。と思っている方にはうってつけのカプセルホテルです。

機会があったらぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました