マニラからビガンへバス移動!飛行機で行くのは絶対にやめましょう

ビガンのバスステーション フィリピン旅行

世界遺産の歴史地区「ビガン」へショートトリップ!

ビガンの馬車

マバラカットツアーを終え、マニラでひと休みした後、フィリピン旅のクライマックスである世界遺産の街ビガンへ向かいました。

今回はマニラからビガンへのバスでの行き方と帰り方、そして飛行機よりもバスがおすすめな理由を紹介します。

スポンサーリンク

マニラからビガンへの行き方

マニラから出発当日、前日からの体調不良により遅めの行動開始。

13時に宿をチェックアウトし、UBERを使いパサイにあるPARTASのバスターミナルへ。

カウンターでビガン行きのチケットを買うと「もうバス出るからはよ。」とスタッフさん。

料金は760ペソでした。

慌ててバスに飛び乗りましたが、結局出たのは30分後。
まあここら辺の時間感覚は信用してはいけませんね。

マニラから直通、8時間のバス移動です。バスの本数は1時間半に一本くらい出ていました。

ビガン行きのバス車内

バスの中はこんな感じです。

運転手が上についてるモニターで映画をチラ見しながら運転しやがる…本当にやめてほしい。

そしてシートベルト締めましょう的なマークついてるのに、シートベルト、ついてない。

そんなツッコミどころ満載のバスで3時間ほど進んだ頃、トイレ休憩が入りました。

フィリピンのトイレの看板

いや看板。我慢しすぎやろ。

23時頃、ビガンのバスターミナルに到着。
バスターミナルからホテルが並んでいる街の中心部までは徒歩で10分ほどでした。

↓ビガン観光の見どころはこちらの記事をご覧ください。
コロニアルな街並みにうっとり…フィリピン・ビガン観光の見どころ

ビガンからマニラへの行き方

到着時と同じバスターミナルから出発します。

チケットの買い方は、はじめに整理番号みたいものを受け取り、自分の番号が呼ばれたらチケットカウンターに行くみたいなシステム。

ビガンのバス待合室

混雑を避けるために、ちゃんとシステム化されているのは意外でした。

並ぶこともせず、我先にカウンターに殺到するどこかのお国とは大違いですね…。

さらに意外だったのが、おばあちゃんがくるとみんな列を開けて1番前に通してあげる。
フィリピンの平均年齢は20代前半で、お年寄りの数が少ないため、ものすごくお年寄りを大切にする国だとは聞いていたのですが、ここまでだとは…。

30分ほど待ち、無事にチケット購入。料金は行きと同じく760ペソでした。

豪雨や渋滞に見舞われ大幅の遅延…

豪雨

出発して10分くらい経つといきなりの豪雨。

大雨の中、土砂崩れ注意の看板がバリバリ立てられている山道をすすむ恐怖ったら…。

さらにマニラに近づくにつれ、フィリピン恒例の渋滞につかまりました。

本来8時間で着くところを12時間かけてバスターミナルに到着。

ビガンに行くなら絶対バスがおすすめ!

フィリピンのサービスエリア

マニラから飛行機でビガンに行く場合、まず一番近い空港であるラオアグまで飛び、そこからさらにバスで2時間かけてビガンに向かう必要があります。

フライトの2時間前に空港に行き、フライト時間とバスの移動時間、さらに乗り換えでロスする時間などを考えるとトータルでかかる時間はバスのみの移動とそんなに変わらないと思います。(渋滞を加味したとしても、です。)

一方バスの場合は、料金は圧倒的に安いし、乗ってしまえばあとは勝手にビガンまで連れてってくれます。

以上のことから、マニラからビガンに行くならPARTASのバス利用がおすすめです。

マニラ・ビガン間をバス移動する際の注意点

ビガンのバスステーション

深夜バスではなく、その日のうちに移動を済ませようと思ったら、どうしても夜暗くにバスターミナルに到着するパターンが多いかと思います。

ビガンのバスターミナルから街の中心部まではそこまで距離はありませんが、街灯がない道路があったり、人通りが極端に少なかったりと、一人で歩いていると少し危険を感じる場所もあったので、ここはあんまりケチらずに、タクシー等を使った方がいいかもしれません。

また、マニラのPARTASバスターミナルは大通りに面しているため、それほど危険は感じませんが、やはりマニラという土地柄を考えると、深夜着の場合はタクシーを使って移動した方がいいでしょう。

まとめ

以上、バスによるマニラからビガンへの行き方を紹介しました。

乗車時間はそこそこありますが、外の景色を楽しみながらゆっくりと移動するのも旅の醍醐味。

バスターミナルはわかりやすい場所にありますし、チケット購入も簡単なので、旅初心者の方でも安心です。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました