美術館は撮影スポットじゃない。写真が欲しいだけならググれカス。

ルーブル美術館 雑記

あなたが見たいのは「モナ・リザ」か「モナ・リザの写真」か

ルーブル美術館で『モナ・リザ』をみたとき、その美しい肖像画よりも強烈に印象に残った光景があります。

モナ・リザを撮影する人々

それがこの、頭の数だけ掲げられたスマホたち。

絵画鑑賞というより、もはや撮影会です。

恥ずかしながら僕も、『モナ・リザ』をぜひ写真に収めたいと意気込んでこの群れに突入しました。

しかしこの無数に伸びる腕を前にふと我にかえり、上の写真を一枚だけ撮ってカメラをおろしました。

気持ちはわからんでもないですが、肉眼で作品を楽しむことよりも写真撮影が優先になっている状態がものすごい違和感だったことをよく覚えています。

多くの美術館で目立つ”カメラ越し鑑賞”

カナの婚礼

『モナ・リザ』の展示室はちょっと特殊で、作品に近づけないようになっていたり、常に激混みだったりするので、もともと撮影会状態になりやすい空間だとは思います。

ただ思い返してみれば、他の美術館や博物館でも似たような状況になっていることが多いなと。

  • 鑑賞せずに作品を撮る
  • 人をどかして撮影する
  • 作品と一緒に自撮りをする
  • 歩き回りながらいろんな作品を動画撮影する

みたいな人たちが、有名な美術館になればなるほど多く見受けられます。

そしてこういった人たちの多くに共通しているのが、写真を撮った瞬間にその場から去っていく(ほぼ肉眼では鑑賞しない)こと。

もう「だったらおうち帰ってググれや!」ってかんじですよね。

ひどい人になると、「写真撮らないなら早くどいて?」といった態度を醸し出してきたりする始末。

撮影が許されているので、基本的にその頻度や方法については個人の自由だと思います。

ただ問題なのは、カメラ越しの鑑賞をするだけのために、純粋な鑑賞者の邪魔をしてしまう状況が少なからず生まれているということ。

写真をSNS等で拡散してもらえれば、より美術館や美術品の認知が広がるのでビジネス的にはそちらのほうが好都合なのかもしれませんが、同時になにか大きな弊害を生んでしまっているような気がしてなりません。

美術館内の写真撮影を禁止にすればみんな幸せ…?

ルーブル美術館

もはやこれを解決するには、有名美術館、せめて有名作品の前ではすべて写真撮影を禁止にするしかないと思います。

もしくは少額でもいいから有料にするか、スマホでの撮影は禁止にして、本当に必要な人だけが撮れるようにするとか。

個人的には写真が撮れなくなるのは嫌ですが、それで鑑賞に適した空間が生まれるのであればむしろウェルカムです。

実際、スペイン・マドリードにある超名作『ゲルニカ』なんかは撮影禁止なので、人はたくさんいましたが、ゆっくり鑑賞できた記憶があります。

アメリカの科学的な心理学分野の学会(APS)によると、「芸術作品を写真に収めた人ほど、その作品の記憶が残っていなかった」という研究(*)もあったりするので、ひょっとすると強制的に禁止にされた方がみんな幸せなのかもしれませんね。

*参照:No Pictures, Please: Taking Photos May Impede Memory of Museum Tour

誰もが純粋な芸術鑑賞を楽しむために

牛乳を注ぐ女

冒頭でもお伝えしたとおり、別に写真を撮ること自体に異を唱えている訳ではありません。

美術館側の宣伝効果を期待する意図や、「芸術は全ての人に開かれるべき」という価値観、著作権的に問題ないからOKというのもよくわかる。

ただ、生の芸術鑑賞を妨げるような撮影行為、そしてそれが集団心理によってよしとされるような雰囲気が危険だと思うわけです。

『モナ・リザ』の展示空間はその最たるものでした。

  • スマホ片手になるべく良い角度から写真を撮るためのスペースの奪い合い。
  • 誰もまともに『モナ・リザ』なんか見ちゃいない。

これではなんのための美術館かわかりません。

と、まあここで僕が一人でブツクサ文句をいったところで何かが変わるわけではないので、せめてここまで読んでいただいた方にお願いがあります。

美術館で写真撮影をする場合は、あくまでも鑑賞している人が最優先だということを肝に銘じつつ、自らも作品との対話を楽しむことを忘れないようにしましょう。

これを一人でも多くの人が意識することで、美術館がより素敵な空間になるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました