オマーン観光でおすすめの要塞!ニズワフォートをのんびり散策

ニズワフォート オマーン旅行

アラブ感満載のニズワフォートへ

オマーンにある要塞の中でとりわけ人気を誇っているニズワフォート。

綺麗に整備された城内や、建物から見える洗練された街の景色から、アラブ独特の雰囲気をたっぷりと感じられる要塞になっています。

今回はそんなニズワフォートの紹介です。

ニズワフォートの基本情報
営業時間 8:00〜18:00
(金曜日のみ8:00〜11:30、13:30〜18:00)
定休日 なし
入場料金 5リアル(約1400円)
スポンサーリンク

ニズワってどんな街?

ニズワ

オマーン北部にあり、6〜7世紀には首都として栄えていたニズワ。

現在の首都マスカットからは車で2時間ほどでアクセスできます。

内陸部にある、まさにオアシスと呼ぶにふさわしい街で、14世紀に活躍した世界的な旅人「イブンバットゥータ」もニズワに関してこんな記述を残しています。

オマーンの首都のニズワは山の麓に位置し、運河や果樹園に囲まれていた。

洗練されたモスクやマーケットなんかもあった。

スルタンは従うものを持たず民衆に近い存在であり、アラブの慣習にしたがってゲストをもてなしていた。

文化的にかなり成熟していた様子がうかがえますね。

そんなニズワには、今も当時の面影を残した街並みが広がっています。

ニズワフォートの見どころを紹介!

ニズワフォート

ニズワフォートは17世紀半ばに建てられた比較的新しい要塞です。

ニズワフォートの地図

こちらがニズワフォートの地図。

敷地はそこまで広くないですが、迷いやすいので、入り口で紙の地図をもらっておくといいです。

ニズワフォートの広場

まず入場すると見えてくる広場。

ここにカフェやおみやげ屋さんなんかもありました。

ニズワフォート

アラブ独特の土壁がいい感じですね。

てか、人すくなすぎです。

ニズワフォート

屋根の上に登ってみました。

ニズワフォートからの景色

塀の周りや、オマーン独特の丘陵も見渡せます。

ニズワスークの見取り図

室内には展示ゾーンがあり、ニズワスークを再現した模型がありました。

ニズワスークの独房

こちらはなんの変哲もない独房。

要塞には欠かせない設備ですね。

ニズワフォート

再び外に出てきました。

ニズワフォートは迷路のように入り組んでいて見た目がどこも似ているので、何回も同じ通路通ったり、同じ部屋に入ったり…

ニズワフォート

まあ要塞なので、敵の侵入を防ぐためにも複雑にしなきゃいけないのはわかりますが、もう少し観光しやすいように、看板かなにか設置してくれてもいいと思う。

ニズワフォートの内部

こちらは談笑スペースですかね。

アラビアンな食器なんかも飾ってありました。

ニズワフォートの井戸

ニズワフォートにはいたるところにこのような井戸があります。

ウドゥ(イスラム教徒がお祈りの前に身体を清めること)の習慣があるので、水の設備は高度にはりめぐらされていたようです。

ニズワフォートの屋上

再び建物の屋上へ。

ニズワフォートからの景色

憧れのアラビアンな街並みを一望。

この景観を求めてオマーンに来たと言っても過言ではない。

ニズワのモスク

ニズワフォートのお隣にあるモスクもここから見えました。

ニズワフォート

なんかもう、映画やゲームの世界ですね。

ニズワフォート

特に華やかさはありませんが、この素朴な雰囲気がたまらない。

ニズワフォートの階段

最後になにやら怪しげな階段を登っていくと、

ニズワフォート

円形の要塞部分にたどり着きました。

ニズワフォート

ここには大砲や銃を構える穴などがたくさんあります。

ニズワフォート

床に空いている穴はトラップを仕掛けるためのもので、城内への侵入者に対して煮えたった油を流したり、岩を落としたりしていたそうです。

ニズワフォートから見える景色

ニズワフォートの最上部からみた景色。

静寂のなか、あたりに広がるナツメヤシの森やニズワの街、遠くに連なる丘陵を眺められる、最高に気持ちのいい空間でした。

のんびりアラブに浸れるニズワフォート

ニズワフォート

ニズワフォートはかなり人が少ないので、非常に観光がしやすかったです。

オマーンは昼間はどこも人が少なくて穏やかなイメージですが、さらにのんびりとしたアラブの雰囲気を感じたい方は、ぜひニズワフォートに訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました