【オマーン最大】豪華すぎるスルタンカブースグランドモスクに感動

スルタンカブースグランドモスク オマーン旅行

オマーンに来たら絶対に見逃せないグランドモスク

世界で2番目に豪華なモスクといわれる「スルタン・カブース・グランド・モスク」。

オマーンで唯一、イスラム教徒以外も入ることができるモスクで、首都マスカットの定番観光スポットです。

今回はそんなスルタン・カブース・グランド・モスクの見どころと観光時の注意点についてご紹介します。

スルタンカブースグランドモスクの基本情報
営業時間 8:30〜11:00
定休日 金曜日
入場料金 無料

スルタンカブースグランドモスクへの行き方

グランドモスクへは、マスカットのマトラ(ムトラ)地区から車で20分程度で到着します。

レンタカーを借りていない場合は、相乗りバンかタクシーで行く方法が一般的でしょう。

今回宿泊していた「ムトラホテル」でタクシーの手配料金を聞いたところ、往復15リアル(約4,200円)と言われましたが、道端で拾ったら2人で片道3.5リアル(約980円)でいけました。

乗合バンだともう少し安く行けると思いますが、高い値段をふっかけてくる人もいるので注意しましょう。

スルタンカブースグランドモスクの見どころ

スルタンカブースグランドモスクの入り口

まず敷地内に入ると、綺麗に整備された庭園がお出迎え。

遠くにはモスクの大きなドームが見え、厳かな雰囲気がただよっています。

スルタンカブースグランドモスクの女性用礼拝堂

とりあえず、人の流れについて行ってみると…

スルタンカブースグランドモスクの女性用礼拝堂

礼拝堂に到着しました。

スルタンカブースグランドモスクの女性用礼拝堂

いきなりメインスポットに来ちゃった!と思いきや、どうやらここは女性用の礼拝堂らしいです。

モスクの床

床にはお祈り用に一人分ずつ区画された絨毯が敷かれており、

スルタンカブースグランドモスク

天井には豪華なシャンデリアが設置されています。

スルタンカブースグランドモスクの女性用礼拝堂

屋根にもステンドグラスがはめ込まれていて、綺麗な光が差し込んでいました。

スルタンカブースグランドモスク

女性用の礼拝堂を後にして、大礼拝堂脇の広場へ。

スルタンカブースグランドモスク

“グランド”モスクというだけあって、何もかもがデカい。

そして無駄に広い。

スルタンカブースグランドモスク

どこもかしこもゴミひとつ落ちてないし、外壁なんかも、ついこの間完成したんじゃないかってくらいピッカピカです。

スルタンカブースグランドモスク

ちなみに実際に完成したのは2001年なので、比較的新しいモスクではありますが、それにしても綺麗すぎます。

スルタンカブースグランドモスク

こちらにうつっている塔は、ムスリムの義務とされている”五行“をあらわしているミナレットのひとつ。

高さ約90mもあるこの尖塔は、敷地内に計5本建てられています。

スルタンカブースグランドモスク

僕はムスリムではないですが、こういうところにくると神々しさをひしひしと感じて気が引き締まりますね。

モスクの沐浴場

こちらは沐浴場。

ムスリムの人たちはここで身体を清めてから大礼拝堂に入ります。

グランドモスクの礼拝堂内

いよいよこちらがメインの大礼拝堂です。

グランドモスクの礼拝堂

本当に綺麗すぎるし、広すぎる。

グランドモスクの礼拝堂の柱

柱のこの太さ、伝わるかな。

本当にデカいんですよ。

コーラン

それぞれの柱には(おそらく)コーランが並べられていました。

グランドモスクの礼拝堂

現在のオマーンの国王、カブース・ビン・サイードによって建てられたこのスルタン・カブース・グランド・モスク。

グランドモスクの礼拝堂

さすがに国の威信がかかっているだけあって、豪華絢爛のかぎりが尽くされています。

グランドモスクのシャンデリア

まず礼拝堂の中心にそなえられたこの巨大シャンデリア。

世界で2番目に大きいものらしいです。

グランドモスクのシャンデリア

アブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスクができるまでは世界一だったとか。

グランドモスクの礼拝堂

そして床一面に敷かれている絨毯。

こちらは国王の趣向でペルシャ絨毯が使われており、その大きさはなんと70m×60mもあるらしい。

グランドモスクのミフラーブ

正面に設置されているミフラーブ(カーバ神殿の方角を示すための窪み)には精巧なアラベスクが施されています。

グランドモスクの礼拝堂

シャンデリアとステンドグラスの光の調和も素晴らしい。

グランドモスクの礼拝堂

本当にどこもかしこも装飾が細かい…。

グランドモスクの礼拝堂

想像を超えたモスクの美しさにただただ感動していました。

スルタンカブースグランドモスクを観光する上での注意点

スルタンカブースグランドモスクを観光する際は、服装と見学時間に注意しましょう。

服装に関しては、

  • 肌の露出厳禁(Tシャツはギリセーフ)
  • 動物の絵が書かれた服はNG
  • カラフルな服もNG

など、何かと規制が多いので、無難に黒か白の無地のシャツなどを着ていくといいと思います。

女性は髪の毛も隠す必要があるので、スカーフなどを忘れずに持っていきましょう。

ちなみにモスク内で有料ですがローブのようなものを借りることもできます。

また、見学時間に関しては、ムスリムではない観光客が入れるのは「土〜木曜日の8:30~11:00」のみなので、観光のスケジュールを組む際は十分に注意が必要です。

イスラムの美をたっぷりと堪能できました

めちゃくちゃ豪華だけど、厳粛で気品がある。

そんな洗練されたイスラム建築、そしてムスリムの世界観をたっぷりと感じることができました。

世界中にあるモスクの中には、イスラム教徒以外は一切立ち入れない場所も多いので、オマーン旅行の際はスルタンカブースグランドモスクは絶対に見逃さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました